【転職成功のコツ】面接を受けるなら2社だけにするべき4つの理由

【転職のコツ】面接を受けるなら2社だけにするべき4つの理由転職経験談

本記事は

・あんまり行きたくない会社に受かって迷っている
・転職エージェントにいろんな会社を勧められて困っている
・これから転職活動を始める予定

と言った人に向けて書いています。

 

 

シバくん

この記事を読むとこれが分かるよ!

・転職で時間を無駄にしない方法
・本当に行きたい会社の見つけ方
・転職エージェントを上手に使うコツ

 

大手の転職サイトのエージェントを使うと必ずと言っていいほど言われるのが

「どんどん受けてみましょう!」

「みなさん数十社受けてやっと1社受かるんです」

といった、数撃ちゃ当たる主義の言葉。

 

僕はこのやり方には全く賛成できません!

なぜなら、時間がめちゃくちゃ無駄だからです。

 

検討の段階では数十社を調べてもいいと思いますが、面接を受けるのは2社で十分です。

これまでも、僕は同時に受けたのは多くて2社までです。そのやり方で、行きたい会社に内定をもらっています。

 

まずは、僕の転職経験から思った【転職の面接は2社だけ受けることをおすすめする理由】を書いていきます。

 

スポンサーリンク

受ける会社を2社に絞ったほうがいい理由は4つ

 

シバくん

理由はこれです

① 本当に行きたい会社以外は受けても時間のムダ
② 面接疲れしない
③ 深くリサーチでき、本当に行きたい理由が見つかる
④ 魅力的だと思える2社で比較できる

1つずつ、詳細を説明していきます。

 

理由1:本当に行きたい会社以外は受けても時間のムダ

本当に行きたい会社以外は受けても時間のムダ

まず話しておきたいのが、本気で行きたい会社以外を受けても時間を無駄にしちゃうよ!ってことです。

 

本命じゃない会社を受けても、辞めたくなる可能性が高い

なんとなくで決めた会社に入社しても、「あっちの会社にすれば良かったかも」なんて思ってしまうことがありますし、たいして思い入れはないのでそのうち辞めたくなる可能性が高いです。

 

入社してすぐ辞めるなんていうのは、一番の時間の無駄です。そうすると、入社までの面接や移動の時間も無駄だったことになります。

もっと言えば、最初の転職エージェントとのやりとりも全部無駄になってしまうわけです。

その時間があれば、いろんなことができますよね。

 

面接1社で3時間は使う。20社受けたら60時間の無駄!

例えば20社面接を受けるとしたら、20社分の面接や履歴書、職務経歴書の準備が必要ですよね。その準備だけでも時間がかかるのに、職務経歴書は会社によって内容を変えるので、さらにその時間がかかります。

そして、面接当日の移動や面接自体に時間も使いますね。

 

1社で1回面接を受けるのに、準備から面接が終わるまで3時間は使うと思います。

あんまり興味のない会社にそんなに時間を使う価値はあるでしょうか?と、僕は思います。

 

理由2:面接疲れしない

面接疲れしない

僕の友人は大阪に住んでいるんですが、東京に戻ってきたくて東京の会社の面接を手当たり次第受けています。今月でもう15社くらい受けているそうですが、かなり疲れている様子でした。

面接すること自体疲れるのに、大阪と東京の往復でさらに疲れています・・・

 

面接は準備→移動→実際の面接といった流れになるので、精神的にも肉体的にも疲れやすいです。

東京大阪間を移動するのは稀なケースだとは思いますが、近くの移動だとしても出来れば減らしたいですよね。

 

面接の数をこなしていると、どこの会社でどんな話をしたかわからなくなってしまうこともあります。面接を減らすことでだいぶ楽になりますよ。

 

理由3:深くリサーチできて、本当に行きたい理由が見つかる

深くリサーチできて、本当に行きたい理由が見つかる

20社受けるのと2社だけ受けるのとでは、1社あたりのリサーチにかけられる時間が10倍違います。

面接官の立場になって考えてみてください。ちょっとしかリサーチしてきていないAさんと、Aさんの10倍リサーチして会社のことを理解しているBさん、あなたならどっちを採用したいですか?

 

2社だけがっつりリサーチすると、自分が入社したあとのビジョンが明確になる

これは面接でも強みになりますし、自分自身も納得して入社できます。やりたいことと仕事内容がマッチするので、楽しく働けることにつながりますよ。

 

リサーチのポイントは以下の2つです。

① 基本的な条件に納得できるかどうか
② 会社の将来が想像できるかどうか

 

面接に備えてリサーチしておく基本的な内容は以下の通りです。

・事業内容 ・会社の沿革 ・従業員数
・社風 ・社長の言葉 ・給料や休み
・社員の口コミ(転職会議など)

自分の希望する仕事ができるかや、ブラック企業っぽいところはないかなどをチェックしておきましょう。

全てが理想の条件ってことはあんまりないので、妥協できる項目を決めるのも大切です。

 

 

そして、さらに踏み込んで以下のことを考えられれば、僕としては「行きたい会社」になります。

・今後の事業展開(1~3年後)
・赤字の原因と改善策
・同業他社との差別化方法
・入社後に提案してみたい新しいサービス

 

普通は役職付きでの転職じゃないなら、会社の今後なんて考える必要はありません。

でも今後を考えたくなるような会社なら、入社後に自分がどうなりたいかイメージを持ちながら働くことができます。

 

また、行きたくない会社であればそこまで考えたくないので、事前に受けるのをやめるという判断ができます。

 

理由4:魅力的だと思える2社で比較できる

魅力的だと思える2社で比較できる

いろいろ考えて検討して残った2社であれば、正直どっちに行ってもいいと思えているはずです。

行きたい会社同士を比較することで

・場所はA社のほうがいいな

・B社だけにあるこの仕事、魅力的だな

という感じで、それぞれの会社のメリット・デメリットが浮き出てくるのでめちゃくちゃおすすめです。面接のときにも、ここで比較したメリットを志望動機にすることができます。

 

ここまで考えることができれば、どっちを選んでも納得のいく転職になるでしょう。

 


 

さて、ここまでが【面接を受けるなら2社だけにするべき理由】のお話でした。

ここからは、【転職エージェントの上手な活用方法】について書きます。

 

スポンサーリンク

エージェントを使うなら、主体的になろう!

エージェントを使うなら、主体的になろう!

 

シバくん

エージェントに情報をもらうだけじゃなくて、希望を伝えたり自分でも探してみたりしよう。転職が上手くいく確率が上がるよ!

 

あなたのことを本気で考えてくれるエージェントは、ごく少数

言われるがままに多くの会社を受けちゃう人に多い理由が、「エージェントに言われたから」。

エージェントの言うとおりにして、エージェントに勧められた何十社もの会社を出来るだけ受けて消耗している人は少なくありません。

 

そもそもエージェントはなぜ「何十社も受けましょう!」って言ってくるんでしょうか?

 

それは、エージェント側の時間がないからです。

大手であればあるほど1人のエージェントが対応する人数が多くて、個人個人のプロフィールや希望を見て仕事を紹介している余裕はありません。

なので、なんとなく条件に当てはまる案件をたくさん紹介してくるんです。あなたのことを本気で考えて勧めてくれているわけではない、と頭に入れておくと良いと思います。

 

※エージェント全員がそうとは言えませんが、実際に担当してもらったエージェントさん自身からこのお話を聞いたことがあるので、いくらか信憑性はあると思います。

 

エージェントにどんどん依頼するのが上手な接し方

エージェントにどんどん依頼するのが上手な接し方

ここまで読んでみて、「じゃあエージェント使わない方がいいの?」って思うかもしれませんが、使ってもOKだと思います。

大事なのは、エージェントとの接し方です!

・紹介された案件で希望から外れているものがあれば、しっかり伝える
・それで改善されなければ、違うエージェントに変えてもらう
・エージェントを変えてもダメなら、転職会社を変える

 

遠慮する必要はありません。自分の希望をしっかり伝えることでいい会社に巡り会える確率は上がります!直接言いにくければ、メールでもいいと思います。

とにかく、受動的な気持ちでエージェントを使うのをやめることが転職成功の第一歩です。

 

エージェントに頼りきらないで、自分でも転職先を探してみよう

自分で転職先を探すメリットは、行きたい会社の条件がはっきりしてくることです。

 

会社を探すには、仕事内容・勤務地・給料・休みなど、いろんな条件を絞る必要がありますよね。

不思議な感覚ですが、会社を探しているうちに「あ、自分ってこういう条件で転職したいんだ」っていうことがはっきりしてくることがあります。

そしたらその条件をエージェントに伝えると、エージェントは会社を探しやすくなりますし、あなた自身の行きたい会社と巡り会える可能性も増えるので、転職がうまくいきやすいと思いますよ!

 

スポンサーリンク

おわりに:転職は濃い内容で効率的にやりましょう!

仕事を辞めてから転職するなら時間がありますが、働きながら転職活動する人も多いと思います。

僕も転職活動しながら働いていた時期がありますが、会社帰りに面接に行ったり、休みが潰れたり、無理やり有給を使わなくちゃいけなかったりで結構大変ですよね。

 

時間のない人ほど、今回お話した「2社だけに絞って面接を受ける」ことをしてみてほしいです。エージェントを使うなら、希望条件を提示しまくるのがコツです。ぜひ、主体的に進めるようにしましょう。

 

納得のいく転職が出来るようにがんばってくださいね!

 

▼転職に関するいろんなお話、あります

仕事辞めたいけど言えなくて辛い人は、転職活動すると気持ちが楽になるよ

仕事辞めたいけど言えなくて辛い人は、転職活動すると気持ちが楽になるよ
働く上での不満はどうしても溜まっていくものです。特に1つの会社しか経験がない場合は他社と比較できずに主観的な不満になりがちですよね。この記事では、今の不満を和らげる方法について書いています。

 

【転職失敗談】最終面接で確認するべきだったのは給料でも仕事内容でもなかった話

【転職失敗談】最終面接で確認するべきだったのは給料でも仕事内容でもなかった話
今日は、僕の転職失敗談をお話しします! 僕は管理栄養士として働いて9年経つんですが、この9年の間に3回も転職しました! なぜそんなに転職した...

 

【体験談】適応障害で休職→退職。絶望から立ち直った方法を説明します

【体験談】適応障害で休職→退職。絶望から立ち直った方法を説明します
適応障害って病気、知ってますか? 職場や人などの特定のストレスが原因になって、心身に不調が起こる病気です。働く人は誰にでもなる可能性があるもので、結構厄介...

 

シバくん

またね!

この記事のURLをコピーする
この記事を書いた人
シバ

ラグビーしてる管理栄養士。

元45kgのクソガリ
→78kgまで増量成功!

スポーツや健康のために太りたい人に向けて、健康的に太る方法を発信してます。太りたい相談もお気軽にどうぞ~

副業や転職、管理栄養士の仕事内容についても書いていきます!

\フォローする/
転職経験談転職
スポンサーリンク
\シェアする!/
\フォローする/
シバなび

コメント

タイトルとURLをコピーしました